ブルーハーツ解散後

わたしは日本のロックバンドのブルーハーツが大好きだ。惜しまれつつも解散してしまったバンドですが、日本のパンクロックという範疇を、通常にまで浸透させた、偉大なロックバンドだ。わたしは、ブルーハーツが大好きであり、音響はもちろん、奴らの組合せやギター、ブルースハープなどもおんなじものを買い整えるほど大好きです。作詞家屋としての評価も高く、今どき国外奏者のボブディランがノーベル文学賞を受賞したのはおみやげに初々しいですが、ブルーハーツこそノーベル文学賞を受賞しても良いと思っています。人の生来精神を打つその文句は、慣習のことなる海外でも、通用するでしょう。CDは、やはり総て持っていますし、奴らが掲載されたマガジンを古本屋で探すのが今の営みだ。カリスマのボーカルとギターは、ブルーハーツ解散後に、ハイロウズ、クロマニヨンズという新たなバンドを作りあげ、今でも丈夫で活動してある。当然ブルーハーツ解散後のバンドも隠れ家であり、奴らがいるからこそ今のわたしが出来上がっているといっても過言ではありません。今日も朝から奴らの音響を聴いて、精神が洗われてある。おそらく死ぬまで、わたしは奴らの音響を機会必ず続けて、孫の金まで伝えていくでしょう。ビッチが田舎にやってきたの画像