ある日、杏の持ち家にトイプードル

「おさんぽの期間」は、2007カテゴリーに集英社りぼんで連載されていたギャル漫画だ。ライターは水沢めぐみ君になります。こういう漫画は犬が沢山起こるので、犬異性はたまらない漫画です。犬にいまいち注意がなくてもこういう漫画を読みすませる頃には犬が欲しくなって現れるような犬の特色に魅了される漫画だ。

 

主人公は、小学六年生の亜月額杏だ。ある日、杏の持ち家にトイプードルの乳児犬がやってきた面から脚本は動き出します。トイプードルの乳児犬は、きなこと名付けられました。こういうきなこの加勢が杏が思い描いていた以上に大変だったのです。乳児犬の加勢はさすが困難んだなと思いましたね。苦悩する事も日毎ありましたが、でも杏は同じく犬を飼っておる仲よしに助けられたり、補助にあたってきなこの持主としてひとつひとつ成長していきます。そういった杏がたくましかっただ。ペットを育て生育を見張る事で、またヤツも成長していっているんだなと思わされました。

 

またこういう漫画は犬だけではなくて、恋事も脚本に織り込まれているのでそれも楽しめました。転校生の碧との人付き合いやパパが獣先生をやっている康太郎との人付き合いなど目が離せない促進となっています。だいぶ読みやすくおかしい漫画だ。ビッチが田舎にやってきたをスマホで読もう