ニュージーランド人の身の回りが洗いざらい細くなっていて楽しそうな毎日を送っていた

ぼくが留学していたら、傍らになったニュージーランド人のおばさんは、ツイッターによってまだ交渉があります。 ぼくは亭主のソーシャルネットワーキングサービスを覗いて、亭主の現況を知ったら、そのことについて、メルアドを出します。 亭主には、しょっちゅうソーシャルネットワーキングサービスを始めるようにと催促されているのですが、ぼくはソーシャルネットワーキングサービスを設けるのは不愉快のです。 ソーシャルネットワーキングサービスが好きな第三者や必ず、何でも語れる人限定ならば、いいのですが、それほどはいかないのが、日本人前だ。 本当は、気が合わないとしていても、一礼程度のフレンドリーな系を保って要る第三者は存在します。 その程度の社交の第三者に自分の内心や、普通を触るのは不愉快のです。 外人の亭主には、私のこういう閉鎖的見方が理解できないようです。 「各国に近くができて嬉しいわよ。」などと能天候なのです。 ところで、こういうニュージーランド人の傍らは、胃を小さくする執刀をしました。 亭主はマメにミールや甘味誕生をする第三者なのですが、膝が乏しいために、アクションはあんまりできません。 ということで、体重が増えてしまう結果になったのです。 そこで、お病院君が膝の重荷を燃やすために、体重を減らす必要があるといった亭主に言ったそうです。 そうして、胃を縮小する執刀をしたとのことです。 その執刀から、年間がたち、亭主は洗いざらいほっそりとしたシルエットに生まれ変わることができ、毎日をエンジョイしているようです。