父さんオススメスポット

女房がいない『あやの』はダディとますます両方っきりで暮らしてきた。
身近やそばからは仲のいい家族だと思われている。
ただし、『あやの』とダディは実の家族なのにそれ以上の関係で結ばれていたのだ。
抑制の背徳エッチを味わえる。
それが『父さんオススメスポット』のダイアログ。

女房がいない『あやの』にとりまして、ダディの付きは大きかった。
キッズの我々を守っていただけるダディの付きは、小さい『あやの』に淡い恋心をもたらしていた。
こういう気持ちはどうせなくなってしまう売り物……
自分でそんなに思っていたのに、成長するにつれ、ダディへの気持ちは強くなり、ダディではなく、恋愛として見るようになっていた。

自分のバイタリティに困りながらも、バイタリティをダディに告白する『あやの』。
このまま自分のバイタリティを隠したとおり家族コネクションを積み重ねることはできない。
そんなに思ったからだ。

『あやの』のバイタリティを公表されたダディは戸惑っていた。
乳児が我々に対してあんな気持ちを持っているとは知らなかったからだ。
可哀そうだが断らなければいけない……

そんなに想ったがダディはできなかった。
『あやの』の純粋なバイタリティというママを思い出させる女子の人体がダディの品評を鈍らせていたからです。

『あやの』のバイタリティを盛込み、人体を探し回るダディ。
異性に自分の人体を悦んでもらっている……
オンナとして……『あやの』は最高の気分は味わっていた。

実の家族でそんなコネクションを積み重ねることは許されることはない。
そんなに思ってもダディと『あやの』のコネクションが居座ることはなかった。
何度も何度も膣内に精液をつぎ込み、孕ませて出向くのだった。